「未知の脅威」への対策を強化しサイバー攻撃に対応

豊中市は、ますます多様化・複雑化しているサイバー攻撃に対応するため、2015年にウイルス対策ソフトのリプレースを行った。高度なウイルス検知能力、高コストパフォーマンスのシステムを導入し、情報資産の保護に万全を期している。

豊中市は、ウイルス対策ソフトをリプレースし、情報セキュリティ対策の強化を実現した

10年以上にわたり同じウイルス対策ソフトを使い続けていた大阪府豊中市が、2014年、セキュリティ製品の見直しの検討を開始した。背景には、ここ数年で情報セキュリティの技術が発展したこと、そしてその頃、大企業による顧客情報漏えい事件が起こったことがあった。

豊中市は、数社の製品を比較した結果、カスペルスキーの『Kaspersky Endpoint Security for Business』の導入を決定した。総務部情報政策課情報システム調整係主事の山田修太郎氏は、その経緯をこう語る。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り83%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。