新カテゴリーの乗り物 超小型モビリティ対決 日産vs.ホンダ

国土交通省が「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能にすぐれ、地域の手軽な移動の足となる1人〜2人乗り程度の車両」と定義する「新たなカテゴリーの乗り物」=超小型モビリティの社会実験が進む。その先にある未来とは。

日産ニューモビリティコンセプト

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り96%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。