東急不動産「新青山東急ビル」 アイデアと笑顔が生まれるオフィス

東急不動産は1月、港区南青山に「新青山東急ビル」を竣工した。広いバルコニーや屋上庭園など、斬新なアイデアを盛り込んだオフィスビルからは、ビジネスパーソンの「新しい働き方」が見えてくる。

青山通りの新しいランドマークとなる東急不動産の「新青山東急ビル」

バルコニーや屋上庭園でオフィスに新しい価値を創造

地下鉄表参道駅から徒歩3分、青山通り沿いに誕生した新青山東急ビル。ガラスをランダムに組み合わせた美しいファサードが特徴的な11階建てのオフィスビルで、1-2階にはポルシェが日本最大級のショールームを出店する。

このビルの魅力は、表参道駅から徒歩3分という好立地や、ワンフロア200坪の無柱空間だけではない。外観からは想像できないが、都心であるにも関わらず、自然を感じながらリラックスして働ける環境こそが、このビルの価値をさらに高めている。

最大の特徴は、各フロアの両サイドに設けられたバルコニー。東京の街並みが一望できる奥行き2mのバルコニーは、リフレッシュやちょっとした打ち合わせにも利用できる。最上階の11階は、プレミアムフロアとして特別に幅6mのテラスを設けるとともに天井高を他のフロアよりも高くし、多機能に利用できるスペースにした。

さらに屋上には入居者専用の屋上庭園を設備。植栽は山桜やモミジなどの在来種を中心にハーブなども植えられており、四季折々の景観を楽しめる。ミニキッチンも準備しており、パーティー等にも利用できそうだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り71%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。