火災原因の意外な「犯人」

ある日、突然ドライヤーが発火した、物陰に隠れていたタップから炎が出た、そんな電気に由来する恐ろしい火災があるのをご存知だろうか。差しっぱなし、置きっぱなしになりがちな電源プラグやタップを安全に使い続けるために、知っておきたい基礎知識を紹介する。

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)によれば、NITEに通知された製品事故情報において、電源プラグ・コード及び配線器具による事故(壁コンセントより内側の屋内配線での事故は含まない)は、2009年度から2013年度までの5年間に合計1003件あり、このうち火災を伴う事故が190件に上る。(注)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り81%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。