簡単設置、確実動作の簡易タイプの感震ブレーカー

大規模地震時に発生した火災の過半数が、電気に起因することから、地震発生後は、ブレーカーを切って通電を遮断する必要があるが、建物の倒壊や停電、あるいは外出中などで、即座に遮断できない場合も多い。リンテック21では、設置が容易な簡易タイプの感震ブレーカーを昨年開発した。

簡易タイプ感震ブレーカーアダプター ヤモリ

感震ブレーカーは、分電盤に内蔵された「分電盤タイプ」、コンセントの通電を遮断する「コンセントタイプ」、外付けの「簡易タイプ」があるが、リンテック21の「感震ブレーカーアダプターヤモリ」(以下、「ヤモリ」)は、簡易タイプ製品のひとつだ。分電盤にヤモリ本体を貼り付け、そこから伸ばしたバンドをブレーカーのレバーに接触させる。震度5強あるいは、6弱以上の揺れを感知した時に、バンドがバネの力でレバーを押し下げ、通電を遮断する。バネでしっかりと押すため、確実に通電を遮断できる点が特徴だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。