GPSやIT技術で災害に強い街づくり

今後、大規模災害発生の可能性が指摘されていることを踏まえ、公衆無線LANの整備や情報ネットワークの構築・強化を推進し、地域住民が自治体、地方公共団体、ならびに事業者等から、災害関連情報等を正確、迅速、確実に、入手できるような情報通信環境を構築が進んでいる。

GPSシステムによる測位精度の向上や、スマートフォンの普及等により、G空間とITの利用環境が大きく進歩・変化する中にあって、東日本大震災の経験を踏まえた災害に強い街づくりの実現、地域経済の活性化、雇用創出等、地域が抱える課題を解決するための、ITを活用した災害時の情報提供、情報共有と新たな街づくりを早期に実現することが求められている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。