「ハレー彗星」観測からNHKスペシャルへ NECのPR戦略

1986年の「ハレー彗星」接近を商売に結び付けようというアイディアがあった。オーストラリアにある世界4大天文台の望遠鏡を借り、得意先であるNECの観測小屋を設置。現地のテレビ取材、さらには「NHKスペシャル」の番組も作られ、得意先のPRにつながった。

オーストラリアに「ハレー彗星」観測用に設置したNEC観測小屋

76年に一度の「ハレー彗星」

ハレー彗星は76年を周期として太陽の周りを公転している彗星で、1682年出現した彗星をイギリスの天文学者、エドモンド・ハレーが観測したので「ハレー彗星」と名付けられた。私も43年間の広告会社生活で本当にいろいろな経験をさせてもらったが天文に関する業務はこれが最初で最後である。

1985年、私は「NECチーム」のリーダーとして業務に携わっていたが、これはその頃の誠に面白い、そして後で考えると「楽しい」業務の1つであった。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り87%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。