勝つ秘訣は「砂漠で水を売る」こと

Yahoo! JAPANが設立したベンチャー投資会社、YJキャピタル。自らも起業家、エンジェルとして実績を持つ同社代表の小澤隆生氏は、豊富な知見を活かし、投資先企業の可能性を判断する。

小澤隆生 YJキャピタル 代表取締役、ヤフー 執行役員

2012年8月、ヤフーがベンチャー投資会社、YJキャピタルを立ち上げ話題となった。あれからもうすぐ2年。初年度約10億円、13年2月には約30億円でファンドを組成し、今年3月に上場した結婚式場の口コミサイト「みんなのウェディング」に投資するなど、まさに“爆速”の勢いで快進撃を続けている。

そして、その快進撃の裏側に存在するのが代表取締役(兼ヤフー執行役員)の小澤隆生氏だ。

起業に特別な才能は不要

自らも起業家として実績を残し、エンジェル(個人投資家)としても数多くの若手経営者を育ててきた小澤代表は、YJキャピタルでも投資先の発掘・育成において中心的な役割を担う。

小澤代表が、投資先の経営者に求める資質は主に3つ。それは、「素直であること」、「常に前向きであること」、「粘り強いこと」だ。

一方で小澤代表は、「起業は誰にでもできる」と語る。

「特別な才能は必要なく、何をどうやるか、事業の方向性が合っていれば成功確率は上がる。あとは、その確率をいかに上げるかの問題です。極端に言えば、砂漠で水を売る商売をすれば確実に成功する。VCは、砂漠で水を売っている会社を探すのが仕事です」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り77%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。