明日を予測するビジネス変革

ピーター・ドラッカーのビジネスマネジメント分析は、多くのエグゼクティブを導いてきた。そしてこの時代にこそ、もっとも重視されるべき基本的洞察がある。ビジネスの目的は顧客を創造し維持することで、企業にはたったふたつの機能があればよい。つまり、マーケティングとイノベーションだ。

092-10.jpg

高まるグローバル化、激化する競争と目まぐるしい変化を駆り立てるテクノロジーの進歩の中、成長起爆剤としてイノベーションの重要性が高まっています。

戦略家たちは従来の商品・サービスのカテゴリーから視野を広げ、事業プロセス、流通、バリュー・チェーン、ビジネスモデルやマネジメント機能においてまでもイノベーションを掲げています。ところが、革新への期待が高まるのとは逆に、既存の組織やプロセスにおいてはイノベーション実現への解決策が中々見つけられていません。

障害になっているのは、マネジメント面でのイノベーションの欠落です。

ゲーリー・ハミル氏は、最新著"WhatMatters Now"で経営の基礎を再考する際の5つの基本的な問題点を指摘しています。適応性、イデオロギー、価値、情熱、そしてイノベーション。恒常的に改革が必要な場合、創造性とクリエイティブな人材をどのようにマネジメントしていくのかということが課題となります。

創造力を押さえこまずに、解放するマネジメントスキルは、あらゆるビジネスにとっても重要なのです。

イノベーションの採用を早めるには

将来成功するためには、常識にとらわれない姿勢と、現状に対して建設的に仮説をたて可能性に焦点を合わせる意欲、 そして重要なこととして失敗を受け入れる意欲が必要です。そうした意欲を持てば、リスクを全くとらないことが失敗への最大のリスクであるという認識を持てます。西洋諸国と比べると、日本人は本質的にリスク回避型であり、そのスタンスがイノベーションを阻害します。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り71%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。