効率的な仮眠でパフォーマンスを向上

日本人は欧米諸国より平均睡眠時間が短く、特に30~40代の睡眠時間は世界でもトップレベルの短さと言われている。朝起きても疲れが残っている、眠った気がしないというのは、慢性的な睡眠不足によるものだ。しかし「たっぷり眠っているのに、午後になると決まって眠気が...」という人も少なくない。ではどうすればいいのか―広島大学の林光緒教授に聞いた。

眠気はクリエイティブな作業の効率を下げる

林光緒(広島大学 教授)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り89%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。