2013年1月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

Amazonが狙う業界構造革命

「オンライン書店」から脱却タブレットで新市場開拓へ

佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

0
​ ​ ​

ECで独走するアマゾンは、次のターゲットとして音楽・映画などコンテンツ市場を狙う。新たなマーケットを攻略するうえで、カギを握るのがタブレット端末「キンドル・ファイア」である。

038_04.jpg

アマゾンが企業理念として掲げる「Earth's Biggest Selection(地球最大のセレクション)」。その言葉どおり、アマゾンが扱う商品数は拡大を続け、現在は書籍にとどまらない巨大ECサイトとなっている。

書籍で独走するアマゾンが次に狙うマーケットが、音楽、映画だ。音楽ではアップルが先行しており、映画では、米映画業界が推進するクラウドサービス「ウルトラバイオレット」が強大なライバルになる。そうした中で、アマゾンは独自の強みを発揮していかなくてはならない。

アマゾンが電子書籍リーダーである「キンドル」だけでなく、様々なコンテンツを楽しめるタブレット端末「キンドル・ファイア」を出した理由が、ここにある。キンドル・ファイアは、アマゾンのクラウド経由で音楽・映画を楽しむための受け皿として機能し、顧客を呼び込む導線となるのだ。作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏は、こう語る。

残り68%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる