起業家のための「賢い」資金調達法

日本政策金融公庫や自治体の「制度融資」をはじめ、近年、注目を集めるクラウドファンディングまで、資金調達手段は広がっている。それらを上手に活用するためには、正しい知識とスキルが必要になる。

スタートアップ期の資金調達は、起業家にとって最初の大きな関門です。

資金調達のスキルを身につけよう

資金を調達する方法は、大きく分けると「自分で貯める」、「出資を受ける」、「融資を受ける」という3つがあります。

一般に、自分の蓄えだけで起業するのが理想的のように思われますが、必ずしもそうとは言えません。スタートアップ期に、外部から資金を調達することは、次の2つの理由からとても意義のあることです。

1 2

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り85%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。