2013年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

バイオミミクリーは世界を救う

バイオミミクリーの提唱者が語る、生物模倣技術の過去・現在・未来

Janine Benyus(サイエンスライター、イノベーションコンサルタント)

0
​ ​ ​

ジャニン・ベニュスインタビュー

1997年、「自然と生体に学ぶバイオミミクリー」という本が出版された。この本の著者であるジャニン・ベニュスが、"バイオミミクリー"という言葉の名付け親である。サイエンスライターであり、この世界の第一人者である彼女に話を聞いた。

―バイオミミクリーとはどういうものか教えて下さい

バイオミミクリーとは、より持続可能なデザインを創造するために、自然の形、プロセス、そして生態系から学び、模倣する、というものです。自然は38億年かけた進化の後に多くの課題、例えば、エネルギー、食料生産、気象の制御、環境に優しい化学、交通、コラボレーションなどなどを既に解決してしまっています。このような地球の実際的なデザインを模倣しようとするものです。

―バイオミミクリーを三つのレベルで考えるとわかりやすいですか?

はい、バイオミミクリーの第一のレベルは、自然の形の模倣です。デザインのコピーだけでは、持続可能なものを得られるかそうでないかまだわかりません。第二のレベルは、自然のプロセスの模倣、あるいは、どうやってそれが作り出されるのか、ということの研究です。無害で優しい自然のレシピを模倣しようとしています。第三のレベルは、生態系自体を模倣するものです。この三つのレベルで模倣することができれば、環境にうまく適応したすべての生物が学んできたこと、生きるのに役立つ条件を創造し始めることができるでしょう。私たちが長期的に地上にとどまりたいのであれば、空気と水を濾過し、土壌を作る―つまり、豊かで住みやすい生息地を維持する方法を、先輩たち、私たちの良き隣人から学ぶ必要があります。

―いつからバイオミミクリーに研究の焦点を絞られたのですか?

残り75%

0
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

決済サービス「Square」を生んだ米国発DIYスペース、日本進出

歴史的建築物を「マネタイズ」 地域から引く手数多のベンチャー

Uber、Airbnb... 経営資源を持たない「飛躍型企業」の共通点

空き家問題の解決を新ビジネスに 中古住宅マーケットの可能性

超過疎100集落で人口増の県 地域特性に見る「強み」と「弱み」

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる