2018年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

空き資源活用のアイデア

皆で使える自由な空間 「喫茶ランドリー」でまちが変わる

田中 元子(グランドレベル 代表取締役)

0
​ ​ ​

人が普段、目にするのは1階であり、魅力的なまちは1階が活気にあふれている。建物の1階が、まちに開かれたものになれば、そこからまちは変わっていく。「1階づくりは、まちづくり」を実践するグランドレベルが、「喫茶ランドリー」の運営に乗り出した。

東京都墨田区千歳の住宅街にある「喫茶ランドリー」。築55年の建物の1階、もともとは手袋の梱包作業場として使われていた場所をリノベーションした

田中 元子(グランドレベル 代表取締役)

日本の1階は寂しすぎる――。1階の価値に着目し、1階を豊かにすることを目指す会社、グランドレベルが企画・運営する店舗が「喫茶ランドリー」だ。

「喫茶ランドリー」は、東京都墨田区千歳の住宅街にある。グランドレベルの代表・田中元子氏が知り合いの不動産会社、創造系不動産から築55年の建物の活用について相談され、もともと手袋の梱包作業場として使われていた1階の空間を「喫茶ランドリー」にリノベーションした。

「かつては倉庫や町工場が多かったエリアです。それが今、マンションに建て替わっているので、人口は増えているはず。でも、まちを歩いていても、それが感じられない。人が普段、目にするのは1階で、魅力的なまちは1階が活気にあふれています。人との関わりは、人口の絶対数よりも、まちで目にした人の数がどれだけ多いかで決まる。グランドレベル(地面)に人がいないと、まちは死んでしまう。喫茶ランドリーは、私たちが目指している1階づくりのモデルルームです」

残り85%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる