進むクラウドエコシステム構築

CVCがここ最近増加してきている。3年ほど前から日本国内で投資活動を開始、特徴的な活動を続けているセールスフォース・ドットコムのコーポレートディベロップメントシニアディレクター倉林陽氏に話を聞いた。
Text by 梅木雄平(The Startup代表取締役)

BtoBに特化、クラウドエコシステムの構築

倉林陽(セールスフォース・ドットコム)

全世界で10万社以上が利用するクラウドサービス事業社として知られるセールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)。投資活動においては、事業資産を活かしたシナジーを追求できる法人向けクラウドサービス企業に特化した展開を行っている。

リーマンショック後に冷え込んだ投資環境の中で、既に上場企業であったシナジーマーケティングへの資本業務提携を皮切りに、2013年12月現在、日本国内で14案件に投資してきている。

「事業シナジーのパターンは3つあると考えています。1つ目は弊社プラットフォームであるForce.comやHeroku上でアプリを制作する企業。優れたアプリを弊社プラットフォームに呼び込む為に、投資後に移行してもらう形も多いです。

後に詳しく紹介する投資先であるワークフォースマネジメントツールのチームスピリットやフィールドセールス&サービス業者向けモバイルCRMのオークニーは、セールスフォースの日本のパートナーアプリケーションの上位を占めています」。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。