2014年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

投資家の目

進むクラウドエコシステム構築

倉林陽(セールスフォース・ドットコム)

0
​ ​ ​

CVCがここ最近増加してきている。3年ほど前から日本国内で投資活動を開始、特徴的な活動を続けているセールスフォース・ドットコムのコーポレートディベロップメントシニアディレクター倉林陽氏に話を聞いた。
Text by 梅木雄平(The Startup代表取締役)

BtoBに特化、クラウドエコシステムの構築

倉林陽(セールスフォース・ドットコム)

全世界で10万社以上が利用するクラウドサービス事業社として知られるセールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)。投資活動においては、事業資産を活かしたシナジーを追求できる法人向けクラウドサービス企業に特化した展開を行っている。

リーマンショック後に冷え込んだ投資環境の中で、既に上場企業であったシナジーマーケティングへの資本業務提携を皮切りに、2013年12月現在、日本国内で14案件に投資してきている。

「事業シナジーのパターンは3つあると考えています。1つ目は弊社プラットフォームであるForce.comやHeroku上でアプリを制作する企業。優れたアプリを弊社プラットフォームに呼び込む為に、投資後に移行してもらう形も多いです。

後に詳しく紹介する投資先であるワークフォースマネジメントツールのチームスピリットやフィールドセールス&サービス業者向けモバイルCRMのオークニーは、セールスフォースの日本のパートナーアプリケーションの上位を占めています」。

残り72%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる