2013年8月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

リーダーの本棚

グローバル時代のイノベーション考 リバース・イノベーション

小林喜一郎(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科(ビジネス・スクール) 教授)

0
​ ​ ​

イノベーティブにビジネスを牽引する月刊「事業構想」読者へ、注目の書籍を毎月ご紹介!

新興国から先進国へ新興国発イノベーションが先進国を席巻する可能性を示したのが、ゴビンダラジャン&トリンブルの「リバース・イノベーション」である。筆者らによれば、今までのイノベーション論は大抵「上から下へ、即ち先進国で始まり新興国に普及する」、という前提があったという。しかし「途上国で最初に採用されたイノベーションは意外にも重力に逆らって川上に流れていくことがある」という逆方向現象が起こること、先進国企業がそれを放置すれば将来の先進国市場競争に跳ね返ってくるリスクがあること、を示した。

残り77%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中