五感で捉え創造する共感させる表現力を持て

大切なのは、感じる力、創造する力、表現する力。ジョブズの下で進められたiPhoneの開発は、それらの力が融合し、効果的に発揮された結果である。

数々の伝説的なプレゼンを行ったジョブズは、聴衆の共感を得て、人を動かすたぐいまれな表現力を備えていた

セルフ・イノベーション(自己革新)を起こすためには、感じる力、創造する力、表現する力の3つを育てなければならない。例えばiPhoneは、金属を使用して質感を高め、視覚だけではなく、触覚にも訴えるプロダクトになっている。そうした五感訴求が重要になる。

創造力とは、既成概念、固定観念に縛られず、「なぜ?」と疑問に思える素直な心を持つことだ。従来のデバイスはなぜテンキーなのか、なぜキーボードが必要なのかと疑問を持ち、そこから新しいことを考える。iPhoneは、消費者ニーズから導き出して開発されたのではなく、作り手の「こんなものがあったらいい」という強い思いから生まれた。

表現力は、自分の思いを相手に伝えることだ。いくら優れたアイデアを思いついても、相手の共感を得なければ実現することはできない。機能や特徴をアピールするより、「自分でも使いたい」と相手に思わせられるかどうかが大切だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り59%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。