モルトウィスキー対決! 竹鶴(ニッカ)vs 山崎(サントリー)

長く低迷してきたウィスキー市場が、ハイボール人気の定着やニッカ、サントリー創業者が登場したNHK朝ドラ「マッサン」効果もあって復調。特にシングルモルトなどのプレミアム系が売れている。シェア首位はサントリーだが、ニッカは輸出も好調で、2強の熾烈な競争が続く。

創業 1934年(北海道余市に「大日本果汁株式会社」設立
創業者 竹鶴 政孝
社名の由来 「大日本果汁」の略「日果」から
蒸留所 余市醸造所(北海道、1934年建設)
宮城峡醸造所(宮城県、1969年建設)
発売年 2000年
特徴 創業者・竹鶴 政孝の名を冠したピュアモルト。異なる蒸留所のモルトを混和してつくられ、各モルトの個性を融合。
主なラインナップ 竹鶴ピュアモルト
竹鶴17年ピュアモルト
竹鶴21年ピュアモルト
竹鶴25年ピュアモルト など
味わい 長期熟成原酒をブレンド、深みがありながら透明感もあるという新しい個性、調和を追求(竹鶴25年ピュアモルト)。

 

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り69%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。