2013年11月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ビッグ・データ チャンスをつかむ活用法

24時間の生活分析でチーム強化

田中毅(日立製作所 中央研究所)

0
​ ​ ​

人の行動を24時間センサーで記録・分析することは、新たな気づきにつながる。日立は昨年、柏レイソルのU-18を対象に、ライフログの実証実験を行った。その結果、選手のパフォーマンス向上につながる情報が浮き彫りになった。

柏レイソルのU-18チーム。数多くのJリーガーを輩出しており、2013年も4人の選手がトップチームに昇格

スポーツのTV中継では、野球であれば打率やバント成功率、サッカーではシュート、パスの成功率、各選手の走行距離など多くのデータが視聴者に提供される。米国NBAの所属チームの中には、ホームスタジアムにカメラを据え、データ収集するチームもあるという。いまやスポーツとデータは切っても切れない関係だ。しかし、国内のスポーツ界で本格的にビックデータを活用しているという話は、あまり聞かない。

リストバンド型センサーを活用

日立製作所 中央研究所
社会情報システム研究部研究員 田中 毅

そうした中で、日立製作所とソリューションプロバイダ・JSOLが共同で2012年7~9月、サッカーの柏レイソルアカデミーU-18を対象に、センサー技術を使用したビックデータ活用の実証実験を行った。アカデミーは将来、J1・柏レイソルの主軸となる選手を育成する組織で、チームには高校生に当たる18歳以下の選手が所属する。

実証では選手にリストバンド型センサーを付けてもらい、練習や試合、それ以外の睡眠時間を含めた生活シーンでの生データを収集した。使用したセンサーは日立製作所がヘルスケア用途として6年前に開発し、実証を行ってきたリストバンド型のもので、人の活動に伴う3軸加速度を24時間・365日収集することができる。

残り69%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中