2013年7月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

イノベーティブ人材 探し方と起用法

新入社員の30%が外国籍 多様性が次の成長をもたらす

ローソン

0
​ ​ ​

ローソンは、これまで中国、韓国、ベトナムなど11ヵ国から156名を採用。また、積極的な女性活用も行い、企業の多様性を追求する取組みを続けている。

ローソンの研修風景。外国籍社員の存在が、日本人にも大きな刺激となっている

それは、マネジメントのあり方にも変革をもたらしている。

コンビニエンスストア大手のローソンは、08年から定期採用枠の30%を外国人留学生にするなどグローバル人材を積極的に受け入れ、これまで中国、韓国、ベトナムなど11ヵ国から156名を採用してきた。

05年より、定期採用の男女比率を半々にして話題となったが、人材活用で企業の多様性を追求する姿勢は一貫している。

 理事執行役員ヒューマンリソースステーションディレクター補佐、ダイバーシティ推進担当の大隅聖子氏は、外国籍社員の採用理由を「マメネジメントを高度化することが狙いの一つです」と語る。

 文化の異なる外国籍の社員は阿吽の呼吸で意思の疎通を図ろうという甘えがなく、曖昧な指示では納得しないため、自ずとマネジメントの高度化につながるのだ。

残り57%

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中