独自モデルで病児保育に革命

122_0.jpg

病児保育の拡充や待機児童の解消などを通じて「子育てと仕事の両立が当たり前の社会を作る」ことをミッションに活動するNPO法人フローレンス。事業開始から3年で黒字化を達成したその運営方法とは?

ITベンチャー社長から社会起業家という劇的な転身は、双子の子どもを持つ女性への酷い仕打ちを知ったのがきっかけだった。その女性が体調を崩した子どもの看病のために会社を1週間休んだところ、解雇されてしまったのである。この話を聞いた駒崎氏は、母親が子どもを看病するという当たり前のこともままならない日本の現状に怒りを抱き、自ら問題を解決するために起業を決めた。しかし、日本ではまだ社会起業家という言葉も知られていなかった当時、NPOでの起業は本人にとっても覚悟のいる選択だった。

「食えなくなるかもしれないという怖さ、自分にできるのかなという躊躇、どちらもすごく感じていた。でも、自分のやりたいことをやらないで人生を過ごすのかという思いもあって、そちらの恐怖の方が上回った」

こうして、駒崎氏は友人の会社の手伝いやコンサルティングのアルバイトをしながら生活費を稼ぎつつ、手探りで事業を開始。04年にはNPO認証を取得し、代表理事に就いた。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。