今、食に求められる「多付加価値」

food_2.jpg

六本木農園の初代グランシェフで現在はフードプロデューサーとして活躍、昨今の塩麹ブームでも一役買った舘野真知子さんに「繁盛の秘密」を聞いた。

栃木で8代続く農家の娘として生まれた舘野さんは、管理栄養士やフードコーディネーターとしてキャリアを築き、01年には「料理は素材で8割決まる」と謳うアイルランドの料理学校に留学。その生まれ育ちや経験を評価され、「素材の味」や「農家」にスポットライトを当て、09年8月にオープンしたレストラン「六本木農園」の初代グランシェフに抜擢された。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り72%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。