「勝ちに飢える」チームで横浜の街を一つに

pgnippon_tp5_1.jpg

「熱いぜ!」をキャッチフレーズに、4年連続最下位のチームの改革を図る中畑監督。夢は「スタジアムを満席すること」と、自ら前線でチームを牽引する。

1989年10月6日、横浜スタジアムでは大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)対読売ジャイアンツの試合が行われていた。この時、ジャイアンツのマジックは1。

すでに引退を表明していた中畑清は、この試合でリーグ優勝を決定づける2塁打を放つ。その瞬間、ファンの興奮は最高潮に達し、球場を一周するウェーブが自然に巻き起こった。中畑自身が「日本の球場で初めて」と振り返るウェーブで有終の美を飾ってから23年後、中畑はジャイアンツからの決別を宣言し、ベイスターズの監督に就任する。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り74%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。