「中身を知られる」横浜へ、イベント革新

今年7月20日から10月6日まで、横浜の各地で2ヵ月半に渡って催されている「DanceDanceDance@YOKOHAMA2012」。既に40万人超が足を運んだこのビッグイベントを企画したのが、昨年5月に新設された横浜市文化観光局だ。

pgnippon_tp4_2_2.jpg

この成功の裏には、昨夏のヨコハマトリエンナーレ2011をはじめとする、継続的な文化観光局の取組みがある。日産自動車のブランドコーディネーションディビジョン副本部長から文化観光局横浜魅力づくり室長を経て、同局長に就任した中山こずゑ氏はこう語る。「横浜は、名前は売れているが、中身が知られていない。多くの来場者のあるイベントでも、東京をはじめ全国的に知られていない。イベントを知らなければそこに行かないし、面白いと思わなければ他人に話したり、誘ったりしない。横浜の魅力を発信するために、イベントの間口を広げようと考えました」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り63%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。