ロボットと民の力で高齢化に立ち向かう

地域の福祉介護を支える民間サービスを充実

pgnippon_tp3_2_1.jpg

急速に高齢化が進む神奈川県において、民間の持つ創意工夫を採り入れ、地域の課題を解決する挑戦的な取組みが続けられている。

介護・福祉分野で「民がつくる新しい公共」の実現を牽引するのが、公益社団法人かながわ福祉サービス振興会である。

97年の設立以来、理事長を務める板橋悟氏は、地元・横浜で大正時代から続く冠婚葬祭業の企業グループを率いる経営者である。

「急速に高齢化が進行する神奈川県において、当振興会は、民間の持つ柔軟性や効率性、創意工夫を生かして、介護保険制度など高齢者施策の一翼を担う事業を展開しています」(板橋理事長)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り88%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。