自治体首長・幹部職員の
必読書

  • 社会・政策・技術
    最先端のテーマから

    新しいアイデアで世の中を動かし、ビジネスやプロジェクトを成功させるヒントや、今後の方向性、可能性を考察します。

  • キーマンが考える
    地域の未来構想から

    毎月、都道府県知事や官公庁のキーマンに取材。地域や国の動向から、何を推進すべきかを明らかにします。

  • 地方創生の
    分野別連載から

    地方創生に必須のアイデアやリサーチなど、旬な情報が満載。知られざる地域の事業モデルが発掘できます。

こんなお悩みは
ありませんか?

  • 自治体や官公庁へ効果的にPRできる場がない…自治体や官公庁へ効果的にPRできる場がない…
  • 新製品や情報がキーマンになかなか届いていない…新製品や情報がキーマンになかなか届いていない…
  • いい事例をもっと横展開したい…いい事例をもっと横展開したい…

月刊「事業構想」は
自治体・官公庁への
PRに強い!

  • 閲読率閲読率

    閲読率

    全首長の84%が閲読。
    知事の閲読率は9割以上。

    事業構想大学院大学が2015年5月~6月に全国の知事及び市区町村長を対象としたアンケートを書面郵送にて実施し、531自治体から回答を得た。

  • 企画力企画力

    企画力

    地方創生の成功事例、
    有力情報を徹底取材。

  • ネットワークネットワーク

    ネットワーク

    47都道府県すべての
    特集実績。

3つのアプローチが可能!

  • MEDIAMEDIA

    MEDIA広告

    雑誌、オンライン記事

    首長の閲読率84%。全国1741の自治体へ広く深くリーチすることが可能。

  • EVENTEVENT

    EVENT協賛

    セミナー、展示会

    直接自治体からの声を聞くことで、深いコミュニケーションと生きた情報収集が可能。

  • LABOLABO

    LABO共同研究

    プラットフォーム構築

    社会課題解決を行う最先端企業として、自治体首長や省庁幹部・学識者・専門家などキーパーソンが参加する研究会を開催。共創し発信を行うプラットフォームとして機能します。

読者からの声

  • 石破茂 前地方創生担当大臣(当時)石破茂 前地方創生担当大臣

    自治体には、「どうしたらいいでしょうか」と中央に聞きに来るより前に、しっかりと月刊事業構想を読んでいただきたい、と思ったりします。

    - 石破茂 地方創生担当大臣(当時) 
    月刊「事業構想」2014年12月号より

  • 大手映像・音楽ソフトメーカー担当者大手映像・音楽ソフトメーカー担当者

    弊社が載った号を読んだ方に「月刊事業構想に出ていた人だ!」と言われました。

    - 大手映像・音楽ソフトメーカー担当者

  • 自治体担当者自治体担当者

    月刊事業構想を読んでいることを話すと、他の自治体の方に「私もです!」と言われました。いい情報交換ができ、コミュニケーションの材料になりました。

    - 自治体担当者

  • 自治体担当者自治体担当者

    ほかの自治体の成功事例、国の動向が1冊でわかり、とても参考になります。
    会議の場では議論のたたき台や参考資料にもしています。

    - 自治体担当者