Airbnb、日本にもインパクト 新ビジネスも続々誕生

この1、2年で、日本でも急激に存在感を増している空き部屋マッチングサービス「Airbnb」。ホスト、利用者が右肩上がりで増加する中で、それを活用した新ビジネスも生まれている。Airbnb運用代行サービスを手掛ける、Zens・町田龍馬代表がAirbnbの可能性を語る。

Airbnbは、世界中の人がユニークな宿泊施設を掲載・予約できるマーケットプレイス

2008年の創業以来、爆発的な勢いでサービスを拡大しているAirbnb(エアビーアンドビー)。低価格の宿泊地や特別な体験などを求めて、ホテル以外の場所に泊まりたい旅行者と、個人の部屋や自宅を貸したい人をマッチングするこのサービスに登録されている物件数は、世界190ヵ国で140万件を超え、利用者は年間4000万人にのぼる。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り85%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。