2015年2月号

事業構想家の哲学

創業者の横顔

月刊事業構想 編集部

2
​ ​ ​

関東大震災・帝都復興院総裁 後藤新平

関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の帝都復興計画を立案した後藤新平。その計画の壮大さから、大風呂敷と揶揄されることもあった。しかし、その事業構想は卓越しており、当時の計画が、現在の東京とほぼ一致しているし、今でも東京外環自動車道の整備がなされるなど、彼の立てた構想のもとに街づくりが行われている。

詳細記事「関東大震災から東京を復興させた 「国家の医師」後藤新平」はこちら


新事業のアイデアを考え構想する
社会人向けの事業構想大学院大学 詳細はこちら
2
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる