2015年2月号

身近に潜む海外展開のチャンス

人の移動を促す情報デザイン

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

中国・北京 大柵欄プロジェクト

中国・北京の南にある大柵欄は、伝統的な低層家屋が多く残る1.5km四方の街区。大柵欄プロジェクトは、デザイナーの原研哉氏が携わり、大柵欄をあらゆる角度から探索できるようにして、自在なナビゲーションのシステムを実現するため、エリア全体を三次元データに置き換えるものだ。情報インフラが整備されることで、目抜き通りではなく裏通りにある店も、簡単にたどり着けるようになる。

詳細記事「日本を見つけ直すデザイン 潜在する「美意識」をカタチに」はこちら

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる