2015年1月号

今日から始めるロボット事業

社会課題からロボットを構想

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

分身ロボットが結ぶ「人と人のつながり」

あえて、人間そっくりのロボットを作らない。それは、なぜか――ロボットはあくまでも手段であり、目的ではない。社会課題解決や消費者ニーズに、どうロボットを活かすかが大切になる。オリィ研究所が開発したロボット「OriHime」は、その指標となるプロジェクトだ。

詳細記事「分身ロボット「OriHime」 社会参加の新しいツールに」はこちら


新事業のアイデアを考え構想する
社会人向けの事業構想大学院大学 詳細はこちら
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる