2015年1月号

プロジェクトニッポン 長崎県

不易流行で「商人道」を極める

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

「カメラのたかた」1号店

かつて、ジャパネットたかたの高田社長は父親が始めた「カメラのたかた」で手伝いをしていた。意外なようだが、それが同氏の原点となっている。1月に社長交代を予定しているが、「経営の本質である『お客様目線』という一点は決して変えてはいけない」、そのベースは、「日本中の良いもの、眠っているものを伝えること」であり、「職人の町は商人がいないと栄えない。商人としての道を究めなければならない」と語っている。

詳細記事「ジャパネットたかた 名物社長が退任し、「100年企業」へ」はこちら

地方創生のアイデア

月刊事業構想では、「地域未来構想  プロジェクトニッポン」と題して、毎号、都道府県特集を組んでいます。政府の重要政策の一つに地方創生が掲げられていますが、そのヒントとなるアイデアが満載です。参考になれば幸いです。

※バックナンバーには、そのほかの都道府県も掲載されております。是非ご一読ください。

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる