2016年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

プロジェクトニッポン 鹿児島県

「スポーツ灰集め」の仕掛け人 コミュニティから事業を生む視点

永山 由高(鹿児島天文館総合研究所 理事長)

0
​ ​ ​

1996年以降、19年連続で人口が減少し、地域コミュニティの活性化や、社会課題解決型ビジネスの創出が強く求められる鹿児島県。この地で人と人の繋がりを活かしたソーシャルビジネスを展開し、自治体や企業から引く手あまたなのが、鹿児島天文館総合研究所だ。
取材協力・リンカーズ

 

桜島の降灰被害に悩む垂水市海潟でスタートした「スポーツ灰集め」。灰の除去作業を楽しいイベントに昇華させた

2014年に鹿児島県垂水市海潟で始まったユニークな活動『スポーツ灰集め』が話題を呼んでいる。桜島と地続きの垂水は長年、その降灰被害に悩まされてきた。市民にとってキツい・汚い灰の除去作業を、楽しい・面白いスポーツイベントに転換するために発案されたスポーツ灰集めは、1チーム3000円の参加費がかかるものの、「お金を払ってでも参加したい」と好評を博している。参加者には付近の温泉やカンパチなどのグルメを楽しんでもらい、垂水とのつながりを持つきっかけを生み出すことにも成功している。

このプロジェクトの立役者となったのが、一般社団法人・鹿児島天文館総合研究所(以下、Ten-Lab)だ。Ten-Labは、地域でコミュニティを形成・活性化して、地域の課題解決やソーシャルビジネス創出につなげることを目指して活動する団体。スポーツ灰集めも、地元若手商工業者のコミュニティ形成から生まれたアイデアだ。

「地方都市においても、コミュニティに集まる個人が持つ知識や経験を結集すれば、社会にインパクトを与えることができるんです」。そう話すのは、Ten-Lab理事長の永山由高氏だ。

残り75%

0
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

日本一の庭園、外国人が急増 米国の専門誌で13年連続トップ

決済サービス「Square」を生んだ米国発DIYスペース、日本進出

潜在市場は「30億個」 乾電池のIoT化で生まれる新市場

熱き公務員、まちを動かす 「リノベーションスクール」の挑戦

超過疎100集落で人口増の県 地域特性に見る「強み」と「弱み」

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる