2014年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

新規事業請負人の「ルール」

市場への参入タイミングが生命線

柴田陽(スポットライト代表取締役)

1
​ ​ ​

スポットライトの柴田陽氏は同社を2013年10月に楽天に売却した他2社の売却経験を持つシリアルアントレプレナーだ。彼ならではの新規事業立ち上げのアプローチを聞いた。
Text by 梅木雄平(The Startup代表取締役)

見込顧客に事業ニーズはあるか。
調査した上で起業。

同社が運営するスマートフォン向け共通来店ポイントサービス「スマポ」を立ち上げた経緯から彼なりの新規事業の考え方を窺い知ることができる。柴田氏は、新規事業立ち上げにおいて最も重要なのは市場への参入タイミングだ、と言い切る。柴田氏の場合、同社を設立した2011年5月の前に、スマポのクライアントとなる見込みの企業複数社にヒアリングし、タイミングに関する手ごたえを得て、このタイミングで事業を立ち上げるのが良いのではないかと判断している。

柴田陽 スポットライト代表取締役

「同社を設立する前の2011年春にスマポのようなスマートフォンで小売店の集客を手伝うサービスに需要があるのではないかと感じました。いきなり会社を設立するのではなく、小売業者のエクゼクティブ何人かに『こんなサービスがあったら利用しますか?』とリサーチを始めました。海外事例も調べて、Facebookページやtwitterを利用した集客が思いのほか効果がないことに事業者も気づき始めていたタイミングで、次にこういった集客ツールがあり得るのではないでしょうかと提案をしました。

私自身、最初は半信半疑だったのですが、想定以上にウケは良かったです。スマポのようなサービスがあれば利用すると言ってくださる方が多くいて、手応えを感じて立ち上げようと決めました」。

残り69%

1
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

スーパー公務員と考える、地方創生のポイント

タイ人観光客が大挙する町

元クックパッドのエンジニアが起業 飲食店の常識を覆す「未来食堂」

地域商社が「稼ぐ」力をつくる 地方創生の切り札に

Uber、日本でも攻勢へ ライドシェア(相乗り)で地域を変える

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる