2013年12月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

上場企業100社が狙う新規事業

顧客層活かす「ヨコ」への展開

SALON adam et rope’

1
​ ​ ​

アパレルブランド「Adam et Rope’(アダム エ ロペ)」を展開するJUNがこのほど、アトレ吉祥寺店に「SALON adam et rope’(サロン アダム エ ロペ)」をオープンさせた。
衣食住のアイテムを揃え、カフェスペースも併設した新業態として注目を集めている。

SALON adam et Rope’ カフェスペース

店舗面積が1フロアで100坪とAdam et Rope’にとっては最大級の広さとなる店内には、オリジナルのマフィンやケーキ、国内外からセレクトした生活雑貨やウエアなどがゆったりと配置されている。

「これまでアパレル業態としてものづくりに特化してきましたが、生活スタイルにフォーカスしてもう少し表現を深化(進化)させてみようと新たに始めたのが、衣食住のライフスタイル提案です」と事業の狙いを語るのは、同社新規ブランド責任者の藤原旬児課長だ。

ファッションの視点から、生活の豊かにする食物販を提案

新規ブランド責任者の藤原旬児課長

もともとアパレルのセレクト業態自体が、毎日の生活の中で、今の気分を高めるため、あるいは気持ちを豊かにするためといった価値を提案するビジネスである。そうした視点に立つ中で、とりわけ生活に密着している分野といえば「食」だ。だれもが日々口にする食を豊かにする商品を提案していくことを、同社はまず命題に掲げた。

残り67%

1
​ ​ ​

この記事の感想はこちらへ

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら

週間ランキング

日本一の庭園、外国人が急増 米国の専門誌で13年連続トップ

決済サービス「Square」を生んだ米国発DIYスペース、日本進出

歴史的建築物を「マネタイズ」 地域から引く手数多のベンチャー

潜在市場は「30億個」 乾電池のIoT化で生まれる新市場

Uber、Airbnb... 経営資源を持たない「飛躍型企業」の共通点

最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる