2013年3月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

茨城県 インフラ再生大作戦

日本の発展を牽引する茨城

橋本昌(茨城県知事)

0
​ ​ ​

茨城県・橋本昌知事インタビュー

陸・海・空の広域交通ネットワークなどの整備が進み、企業立地が活発。最先端の科学技術拠点を擁し、日本の発展のカギを握る。

――茨城県内では、広域交通ネットワークの整備が進んでいます。

橋本 昌[はしもと まさる]知事

橋本 本県では、産業の発展や科学技術の振興などを図ることで、地域間競争に勝つだけでなく、日本の発展にも貢献することを目指しています。これを実現するためには、まず、陸・海・空の広域交通ネットワークの整備が必要になってまいります。

従来、交通網は東京から放射状に広がり、本県でもその流れに沿って幹線道路網などが整備されてきました。しかしそれだけでは、県内でモノを作っても、輸出する段階で東京に流れてしまいます。今は東京から放射状に伸びる交通網に加えて、圏央道、北関東道など、東西の交通網が伸展してきています。この動きをもっと活用する必要があると考えています。

例えば、北関東道と直結する茨城港常陸那珂港区を輸出入の拠点として整備しており、県内だけでなく、栃木、群馬など県外からも港を利用していただけます。

企業環境の整備と群を抜く立地実績

――企業立地も進んでいます。

橋本 着々と整備が進む広域交通ネットワークなどの企業が活動しやすい環境は、高い評価をいただいており、日野自動車、コマツ、日立建機、ファナック、雪印メグミルク、中国木材といった優良企業が進出しています。工場立地面積は、2011年までの10年間の合計では全国第1位でした。

さらなる立地促進のため、都内に設置した産業立地推進東京本部による企業訪問など、首都圏等へのPRにも力を入れています。

――2010年には、茨城空港が開港しました。

橋本 全国に先駆けてLCC(格安航空会社)に注目し、それに対応した空港として評価をいただいています。

都内でも場所によっては、羽田空港に行くよりも茨城空港への直通バスを利用したほうが、早くて便利です。さらに、航空機の利用者に対しては、東京駅から茨城空港まで運賃が500円の直行バスを走らせていますので、交通費も割安です。

今後は、さらに利用しやすい体制整備を図り、将来はもっと活用してもらえる空港にしていきたいと思っています。

068-02.jpg

特区で進む競争力強化と科学技術の振興

――特区構想も進めています。

残り73%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

週間ランキング

本で人をつなぐ「小さな図書館」 まちの変化は「一人」から始まる

「温泉×カフェ」の新業態がヒット 温浴施設を再生する仕掛け人

世界初、移動販売のサラダカー 新しいサラダ文化を日本に

白い壁があれば、どこでも映画館 いつもの風景を「特別な場所」に

眠れる「自治体の財源」を発掘 「隙間」を見出し、広告スペースに

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員に申し込むと 最新「事業構想」がいつでも読み放題

会員の特典をもっとみる